2018年6月23日土曜日

571 50年代の聖ピオ十世会 6/23

エレイソン・コメンツ 第571回 (2018年6月23日)

「ひとつの事をするなら,」とキリストは言われます,「ほかの事もしなさい」 
あなたの兄弟を助けようとするとき,神を忘れてはいけません.
“Do both the one,” says Jesus, “and the other.” 
Forget not God in trying to help your brother.  

公教会(=カトリック教会)の1950年代の状況と聖ピオ十世会 “SSPX” の2000年代の状況との間の類似点はますます顕著になってきています.これは両者が同じ病に冒されたからです.その病とはどういうものでしょうか? 人間を神からますます遠ざけたいとの欲望から,真の神を判別不能なまでにゆがめ,神を信じない現代人のレベルにまで低下させるのがその病です.教会についていえば,普遍の信仰を現代世界に適応するように変えてしまい,結果的に第二バチカン公会議の誕生をもたらしました. SSPX についていえば,普遍の公教(=カトリック教)伝統を公会議に適応するよう変えてしまい,結果として SSPX 自体の堕落を招きました。「同じ原因は同じ効果を生み出します.」
The parallels between the state of the Universal Church in the 1950's and the state of the Society of St Pius X in the 2000's keep arising, because it is the same malady that has afflicted both Church and SSPX. In what does that malady consist ? In a desire so to reach out to man slipping further and further away from God, that the true God is distorted beyond all recognition by being brought down to the level of godless modern man. With the Church, the Faith of all time was to be adapted to fit our modern world, giving rise to the Second Vatican Council. With the SSPX, Catholic Tradition of all time was to be made to fit that Council, giving rise to the slide of the SSPX. “The same causes produce the same effects.”

昨年(2017年)は聖母のポルトガル・ファティマ出現100周年でした.聖母はこのとき,もし自分の警告が無視されれば,恐ろしい災難が人類に及ぶだろうと告げられました.これに対する聖職者たちの反応は不十分なものでした,なぜなら,聖母は数年後に修道女ルシアに対し善良な人々でさえ自分の要請に十分な注意を払っていないと告げざるを得ませんでしたし,この間,邪悪な人々は当然のことながら罪深い道を進み続けたからです.かくして,教皇ピオ12世(1939-1958)は任期の前半ではファティマへの献身を貫きましたが,1950年代になると,周囲の説得を受け入れ,聖母出現への献身的局面を政治的局面,とりわけロシアの奉献 “the Consecration of Russia” から切り離しました.教皇は献身的局面を堅持する一方で政治的局面を無視しましたが,これは大きな間違いでした.2010年代のいま, SSPX の一部上層部がまさしく同じ間違いをおかしています.
Last year was the 100th anniversary of the great Apparitions of Our Lady in Fatima, Portugal. She warned of terrible disasters that would befall mankind if her warnings were not heeded. The churchmen reacted inadequately, because after several years She had to tell Sister Lucy that even good souls were not paying sufficient attention to Her requests, while bad people were of course going on their sinful way. Thus the first part of Pope Pius XII's reign (1939-1958) was marked by his devotion to Fatima, but in the 1950's he was persuaded to split the devotional aspect of the Apparitions from their political aspect, notably the Consecration of Russia, and to disregard the political aspect while retaining the devotional, a great mistake. Now see exactly the same mistake being made by certain Superiors of the Society in the 2010's.

 SSPX のある司祭が昨年(2017年),同会の二人の長老による聖母のファティマ出現(1917年)についての説教を聴いたそうです.司祭はファティマ出現の全容についての話を期待していましたが,彼が実際に聴いたのは決して誤りではないものの,単なる敬虔な言葉の羅列でした.二人の長老はいずれも世界は健全な状態にあるという話に終始しました! 聖母の偉大さ,善良さ,慈悲について言及され,むろん聖母が私たち公教徒にとっての大きな救いであるとの話もあったそうです.このことについて何ら誤りはありません.だが,私たちの同志でもあるこの司祭は以下のように話しています――
A colleague in the Society of St Pius X heard last year (2017) sermons on the subject of Fatima (1917) from two of its senior members. Where he expected a thorough treatment of the Apparitions of Fatima, all he heard was words pious, by no means false, but both of the preachers pictured a world in good health ! The greatness, goodness and mercy of Our Lady were spoken of, and of course Her Immaculate Heart as a mighty place of refuge for us Catholics. Nothing wrong so far. But, our colleague goes on –

「個々人,国々,公教会が今日直面している悲惨な状況について一言も話がありませんでした.ファティマの第1の秘密は取り上げられましたが,第2,第3の秘密には触れられませんでした.各国が何のトラブルにも巻き込まれていないとういうのでしょうか? 教皇フランシスコが率いる教会は想像を絶するほどのトラブルに置かれているのではないでしょうか? このような状況を考えれば,第2,第3の秘密に目をつむり,一言も触れないで済ます人などどこにいるでしょうか?」
 “There was not a word on the catastrophic situation in which individuals, nations and the Church find themselves today. The First Part of the Secret of Fatima was mentioned, but neither the Second nor the Third Part. Are the nations not in all kinds of trouble ? Is not Mother Church with Pope Francis at its head in unimaginable trouble ? Given this situation, how can anyone dare to pass over in silence the Second and Third Parts, with not even a mention ?


「私たちの会の上層部の責任は重大です.彼らは私たち公教会信徒たちを眠り,つまり宗教的眠りに誘い込んでいるのです.『私たちには真のミサ聖祭,信仰,修道院があり,私たちは実際に公教会のメンバー(=信徒)です.ほかに何が必要でしょうか?』と,長老たちは問います.だが,このような説教は何の反応も起こしません.聖母の戦いに加わろうということでもありませんし,現代の電子機器に対する警告の言葉もありません.かくして,公教会信徒は不熱心になっていきます.」
Our Superiors are taking on a huge responsibility. They are lulling our Catholics to sleep, a religious sleep – “We have the true Mass, we have the Faith, we have priories, we are members of the Catholic Church... what more do we need ?” Sermons like this prevent any reaction, there is no engagement in the battles of the Mother of God, no word of warning against today's electronic gadgets. Here is how Catholics become lukewarm. 


「ファティマの子供たちが地獄の炎を見ざるを得なかったとき,彼らの祈り,努力,犠牲は著しく高まりました.21世紀に生きる私たち公教会信徒はもはや地獄の炎や現代政治,公教会が直面する悲惨な状況などに目を向ける必要などないのでしょうか? 私たち信徒の多くは自分たちから何か大事なことが隠されていることにすら気づいていません.彼らは上に述べたような説教を聴けば,熱狂的になり,説教者を賞賛し,この上なくハッピーになります.悲しいかな,人間は厳しくかつ真実なものより明るく楽しいものを好むことが,これではっきり分かります.」
 “When the children of Fatima were obliged to look into the fires of Hell, their prayers, efforts and sacrifices markedly increased. Do we Catholics of the 21st century no longer need such a view of Hell, such a view of the catastrophic condition of current politics and the Catholic Church ? Many of our faithful do not even notice that something important is being kept from them. When they hear sermons of this kind, they are enthusiastic, they praise the preachers, they are happy as can be. Alas, it is all too understandable that men prefer what is light and pleasing to what is harsh and true.”                                     Kyrie eleison

キリエ・エレイソン(主よ憐れみ給え)

リチャード・ウィリアムソン司教


*     *     *








* * *
本投稿記事・第571回エレイソン・コメンツ「50年代の聖ピオ十世会」(2018年6月23日付)/ELEISON COMMENTS DLXXI (June 23, 2018) : "FIFTIESIST SSPX" は2018年8月28日22時30分に掲載されました.
* * *

2018年2月14日水曜日

550 ブロードステアーズ・モーツァルト音楽祭 1/27

エレイソン・コメンツ 第550回 (2018年1月27日)

不安定で調和を欠いた世界は見るも悲しいものです.
魂をきちんと並ばせるにはモーツアルトを聴かせることが必要です.賢明で喜ばしいやり方法です.
A world unbalanced, unharmonious, sad,
To line the soul needs Mozart, wise and glad.

2月23日金曜日の午後6時から2月25日日曜日の正午まで,オーストリア生まれで18世紀後半に活躍した有名な作曲家ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756-1791)( “Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791) ” ) の作品にしぼったささやかな演奏会が英国ケント州ブロードステアーズのクイーン・オブ・マーターズ ( “Queen of Martyrs” )(訳注・=「殉教者〈じゅんきょうしゃ〉たちの后〈きさき」の意.伝統的公教会では古来から「殉教者の元后〈げんこう〉」との称号をもって,神と人なる救世主の御母となられた聖マリアを崇敬する で開かれます.同じ時間と努力をもっと宗教的なことに使えるのに,なぜ音楽なのでしょうか?それも,なぜモーツァルトなのでしょうか?
Between 18h00 on Friday evening, February 23, and mid-day, Sunday, February 25, there will be held at Queen of Martyrs House in Broadstairs a modest musical weekend featuring exclusively music of the famous Austrian composer of the late 18th century, Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791). Why music, when the same time and effort could be spent on something more directly religious ? And why Mozart in particular ?

なぜ音楽なのか? それは音楽が神の創造された世界への神の贈り物であり,その宇宙の中心を占める調和の表現だからです.神の宇宙に生きるすべてのもの,すなわち天使や人間だけでなく動物や植物さえもが音楽にそれぞれの方法で反応します.植物についていえば,合衆国コロラド州の研究者グループかつて四つの箱を作り,それぞれに同じ植物を植え,同じ光,空気,湿度の条件下で三つの箱にそれぞれグレゴリオ聖歌( “Gregorian chant” ),古典音楽( “classical music” ),ロック( “Rock” ) を流し,四番目の箱は音のない状態に保ち,それぞれの植物がどう成長するかを観察する実験をしました.ロック音楽の箱の植物はしばらく成長しましたがやがて枯れてしまいました.聖歌を聴かせた植物はすくすく成長し,古典音楽と無音の箱の植物はその中間という結果でした.動物については.多くの牛飼育業者が搾乳時に静かな音楽を牛舎に流して乳の出が良くなるようにします.それはスーパーマーケットが店内に静かな音楽を流し,顧客の購買意欲を高めようとするのと同じです.驚きましたか? 私たちを創造されたのは神であって,私たち自身ではありません(旧約聖書・詩篇第100篇〈百/ひゃく へん〉(訳注・日本語版詩篇の番号付.英語版等海外版聖書の番号付は→)〈第99〈九拾九/九十九/九九 きゅうじゅう きゅう〉篇〉3節を参照)( “Ps, IC, 3” ) (訳注後記I 詩篇の引用掲載).私たちは神に創造された物(=存在)(=神の被造物)( “His creatures” ) であり,神の宇宙ですべてが互いに調和するという役割を(神に)授けられています.(訳注・「神」=「大自然の法則/摂理」)
Why music ? Because music is a gift of God to the world He created, an expression of the harmony at the centre of His universe, to which all living members of that universe respond, not only angels and human beings but even animals and plants in their own way. As for plants, Colorado researchers in the USA once built four boxes with identical light, air, humidity, soil and plants in all four, and they piped into three of them Gregorian chant or classical music or Rock, while the fourth they left in silence. With the Rock the plant grew but withered, with the chant it flourished, with classical music and silence the result was in between. As for animals, many a cowherd pipes into his cow-stalls at milking time tranquil music to increase the flow of milk, just as supermarkets pipe in tranquil music to increase the buying by the human customers. Surprising ? It is God that has made us, and not we ourselves (Ps. IC, 3), we are His creatures with the harmonious part that He designed for us to play in His universe as a whole.

私たち人間にとって,音楽は神がお求めの調和にアクセスするための神輿の至上の言葉です.それは,ブラームスのように神を信じない人たちについても同様です.だから,音楽は人間にとってごく自然なものであり,良きにつけ悪しきにつけ人間に多大な感情的影響力を持ちます.母なる公教会( “Mother Church” )が人々の魂を天国へ導くため聖歌や多声音楽( “polyphony” )を用いるのに対し,悪魔は魂を地獄へ落とすためロックやあらゆる種類の現代音楽を用います.「好みの音楽を尋ねれば,その人の人柄が分かる」という諺(ことわざ)があります.ほぼすべての人は心の中に何らかの音楽を持っており,それを持たない人にとって人生は苦痛です.シェークスピアは言っています(ベニス〈ヴェニス〉の商人,第五幕第一場)(Merchant of Venice, V, 1):
For human beings, music is the supreme God-given language of access to that harmony of God, even if, like Brahms, one believes in no God. Music is therefore natural to human beings, and has a huge moral influence on them, for good or bad. As Mother Church resorts to chant and polyphony to lift souls towards Heaven, so the Devil uses Rock and all kinds of modern music to cast souls down to Hell. “Tell me what your music is, and I will tell you who you are,” goes the saying. Nearly every man has some music in him, and woe to him if he does not – Shakespeare says (Merchant of Venice, V, 1) –      

「心に音楽を持たない人は
“The man that hath no music in himself      

背信,計略,略奪向きだ…
Is fit for treasons, stratagems and spoils...      

そのような人を信じてはいけない.音楽を多とすることだ.」
Let no such man be trusted. Mark the music.”
(訳注後記II 参考文献の引用掲載)

心に音楽を持たない人は神と同調していないのだから信用できないと言っていいでしょう.
One could say that the man that has no music in him is untrustworthy because he is out of tune with God.

そして,現代の世界は神との調和を失っており,音楽として通用し,人々に愛されながらもきわめて不快な雑音と同調しています.なぜなら音楽とは人間にとって自然なものであり,その心に深く染み込むものなのだからです.それに対し,耳障りな雑音は私たちの周りにいる無数の人々の心の中にあり,その人たちを通して私たち自身にのしかかってきます.そして,私たちが何もしないでいると,それは私たちを神から遠ざけてしまいます.結局のところ,ここで問題なのは宗教です.真に人間的なものは何でも神に結びつきますし,中でも音楽は間違いなく真に人間的なものなのです.
And the modern world is out of tune with God, which corresponds to the wretched noise which so often today passes for music, and yet which people love, because music is so natural to man and goes so deep in his soul. And this ugly noise is what is in the soul of countless people around us, and through them it can only bear on ourselves, and bear us away from God, if we let it do so. The question is religious after all. Anything deep-down human bears on God, and music is certainly deep-down human. 

モーツァルトは私たちの世界に比べればはるかにまっとう(真っ当/=真面〈まとも〉/真面目〈まじめ〉)な世界に生きた人でした(訳注後記III 語彙〈ごい〉の意味を掲載).彼の音楽は古い秩序と現代感覚との間の調和,均衡を表わす特別の時を与えてくれます.モーツァルトは音楽家の中の音楽家でした.以下に有名な音楽家によるモーツァルト評をご紹介しましょう.チャイコフスキー:「私はモーツァルトの音楽に安らぎと休息を見出します.彼は人生の喜びを音楽で表し,その喜びは彼自身の健全な気質の一部でした.」シューベルト:「おおモーツァルトよ,あなたはより良き世界のなんと素晴らしい絵を私たちに与えてくれたことでしょうか!」グノー:「モーツァルトよ,気前の良い天国は汝に優雅,力,豊かさ,節度,完全なる均衡(きんこう)などあらゆるものを与えた.」ブラームス:「これほど明るく自然な音楽が,それに見合った容易さと優美さをもって表わされていて,聴いていて本当に楽しい.」
On the other hand Mozart belonged to a much saner world than ours, and his music corresponds to a special moment of harmony and equilibrium between the old order and modern emotion. Mozart is the musicians' musician. Here are a few of the testimonies from famous musicians – Tchaikovsky said, “I find consolation and rest in Mozart's music. In it he gives expression to that joy of life which was part of his sane and wholesome temperament.” Schubert said, “What a picture of a better world you have given us, O Mozart!” Gounod said, “Mozart, prodigal Heaven gave thee everything, grace and strength, abundance and moderation, perfect equilibrium.” Brahms said, “It is a real pleasure to see music so bright and spontaneous expressed with corresponding ease and grace.”

モーツァルトはあらゆる種類の音楽を作曲しましたが,中でも傑出(けっしゅつ)しているのはオペラとピアノコンチェルトです.ブロードステアーズ( “Broadstairs” )ではオペラの上演はできませんが,2016年に同じ場所でベートーベンのソナタ曲の半数を演奏してくださったジョン・サリバン( “John Sullivan” )はモーツァルトのピアノコンチェルトとソナタを同じくらいこなしてくださるでしょう.読者の皆さんで音楽祭に参加される方は,大まかな参加人数をつかんでおきたいため事前にお知らせください.入場券を買う必要はありません.モーツァルトに値段はつけられません!
Mozart wrote all kinds of music, but outstanding are his operas and piano concertos. In Broadstairs we cannot manage the operas, but John Sullivan who played half of the Beethoven sonatas here in 2016 can easily manage a similar feat with Mozart's piano concertos and sonatas. Let us know if you plan to come, so that we may have an idea of numbers. No tickets to buy. Mozart is priceless !

キリエ・エレイソン.

リチャード・ウィリアムソン司教


* * *
(注)
①訳注I,II,IIIを追加掲載いたします.
②和訳文につきまして,追って若干の加筆・修正等を加えます.

* * *








* * *
本投稿記事・第550回エレイソン・コメンツ「ブロードステアーズ・モーツァルト音楽祭」(2018年1月27日付)/ELEISON COMMENTS DL (January 27, 2018) : "BROADSTAIRS MOZART" は2018年2月14, 22時48分に掲載されました.
* * *

2017年3月11日土曜日

504 4人目の司教 3/11

エレイソン・コメンツ 第504回 (2017年3月11日) 

信徒たちが天国へたどり着こうと頑張るところに
  司教が居なければなりません. 
5月11日,アメリカ・バージニア州ビエナに
  目を向けてみてください!(訳注後記 1)
Bishops there must be, where souls strive for Heaven. 
Try Vienna in Virginia, May eleven ! 

聖ピオ十世会( "SSPX" )が正式に方向を変えて,40年前にルフェーブル大司教( "Archbishop Lefebvre" )が打ち出した教理第一の立場を捨て去ってしまった2012年夏以来,神意が教会擁護のためどう動かれるかが興味の的でした.人々は神の真実を守るため幅広い反乱が起きるだろうと期待したのではないでしょうか? SSPX 内部から抵抗が生まれるのではないかと….確かに抵抗が起きました.だが,少なくともいままでのところ,その抵抗はほとんど沈黙したままです. SSPX 外部で抵抗が起きるだろうとの期待もあったでしょう.確かに起きました.だが,ほんの少数の平信徒や神父たちが現れただけです.彼らは認められた権威がない中で,ばらばらに分裂したままです.カトリック信徒たちには権威が必要です.そして,その必要性は極めて強いため,信徒たちは依然として権威に固執します.それは.たとえ人間中心の新教会( "the man-centered Newchurch" )やローマ中心の新協会( "the Rome-centered Newsociety" = 訳注:SSPX )から真実が漏れ出るとはいっても,信徒たちは前者に教皇の権威の名残(なごり)を,後者にはルフェーブル大司教が与えられたカトリック教の権威の名残を求めるからです.
Ever since the summer of 2012 when the Society of St Pius X decided officially to change course and abandon the doctrine-first stand taken 40 years previously by Archbishop Lefebvre, it has been interesting to watch Providence in action to ensure the Church's defence. One might have expected a widespread uprising in defence of God's Truth. Resistance from inside the Society ? Existent, but at least up till now, largely silent. And from outside ? Existent, but only a scattering of layfolk and a handful of priests, riven by divisions for lack of a recognised authority. Catholics need authority. And that need is so great that even while Truth is draining out of the man-centred Newchurch and the Rome-centred Newsociety, still souls cling to each because of the remains of Papal authority in the former, and of Catholic authority bequeathed to the latter by the Archbishop. 

だが,真実は権威が目指すものであることに変わりはなく,権威が真実のためにあるわけではありません,哀れな人間の性(さが)を考えれば,権威は真実を守り,保証するため欠かせないものです.だが,権威は真実の後にくるものであり,先に来るものではありません.私たちの主がペトロに教会の統治を任せる前に与えた最後の教えのひとつを例として考えてみてください.「シモン(=ペトロ)よシモンよ,悪魔が汝ら(の霊魂/心)(複数)を落としたいと望んだことに注意しなさい.悪魔は汝らを小麦のように篩(ふるい)にかけるかもしれない.だが,私は汝(単数)が汝の信仰(真実)を捨て去らないよう祈っている.そして,汝は,ひとたび(真実に)改心させられたなら,汝の同胞たちを授堅しなさい(権威)(新約聖書・聖ルカ聖福音書:第22章31-32節 "Lk.XXII, 31-32" )(訳注後記 2 ).そして,枝の主日( "Palm Sunday" )の数日前,弟子たちが喜びの声をあげて騒ぎ立てていると,パリサイ派の者たちが私たちの主を叱責しようとしました.だが,神の真実への敬慕(=熱愛・崇拝・崇敬)がとても必要だったので,私たちの主はお答えになりました(聖ルカ聖福音書:第19章40節 "Lk. XIX, 40" ).『「あなたたちに告げる.もし弟子たちの安らぎが押さえつけられるなら,石たちが叫ぶだろう」と.』(訳注後記 3 ) 
But Truth remains the purpose of Authority and Authority is not the purpose of Truth. Given poor old human nature, Authority is the indispensable defender and guarantee of Truth, but it comes after Truth and not before. Take for example one of Our Lord's last instructions to Peter before He will leave Peter behind to govern the Church (Lk.XXII, 31-32) : “Simon, Simon, behold Satan hath desired to have you (plural), that he may sift you as wheat. But I have prayed for thee (singular) that thy faith fail not (Truth); and thou, being once converted (Truth), confirm thy brethren (Authority).” And when on Palm Sunday a few days beforehand the Pharisees had attempted to rebuke Our Lord for the joyful noise being made by His disciples, so necessary is the adoration of God in Truth that Our Lord replied (Lk.XIX, 40) : “I say to you that if these shall hold their peace, the stones will cry out.”

今日の新教会では,権威は教会のエンジンの中に公会議派の誤りとカトリック教の真実を混ぜ合わせています.これは自動車のエンジン内部でガソリンと水を混ぜ合せるようなものです.自動車も教会も機能不能に陥ります.ルフェーブル大司教はこうした機能不全の一部でなくすべてを防ぐため,神の真実を擁護するカトリック教の権威を保つ目的で四名の司教を任命しました.ところが,かつては大司教が率いた SSPX のトップに立つ彼の後継者たちは全力を挙げて,彼が目指した真実の擁護を機能不全状態のローマ教皇庁の手に委ねようとしています!もし,彼ら後継者たちが,かつては「公式教会の内部に」に身を置いていたのだから,ネオモダニストたちを改心させる立場にいるのだと真剣に考えるなら,その考えは甘すぎます.彼らはすでに第二バチカン公会議に対する攻撃を抑えています.彼らはいつ攻撃を再開しようと考えているのでしょうか?
 In today's Newchurch, Authority is mixing Conciliar error with Catholic Truth in the engine of the Church, which is like mixing water with gasoline (petrol) in the engine of a motor car – the car is crippled, the Church is crippled. And whereas Archbishop Lefebvre defied that crippling, not least of all but rather above all, by his consecrating of four bishops to maintain a Catholic authority that would protect God's Truth, his successors at the head of what was once his Society are doing their utmost to submit his protection of Truth to the crippled and crippling Authority of Rome ! If these successors seriously think that once they are “inside the official Church” they will be in a position to convert the neo-modernists, they are excessively naive. Already they are holding their fire on Vatican II. Just when do they imagine they will be able to open fire again ? 

このような極めて例外的な状況下では,真実を語る私たちの主の弟子たちがそこに共に居らなければ――石たちの努力を救うために!( "In these quite exceptional circumstances, there must be disciples of Our Lord who tell the Truth – so as to spare the stones the effort ! " )弟子たちは真実の権威のもとに置かれているときのようにまとまって動かないかもしれません(つねに人間の弱さに甘えてしまうでしょう).彼らは「困窮させられ,降格させられ」,「苦難と迫害」に晒(さら)されるかもしれません(使徒聖パウロのコリントの信徒への第二の書簡〈=後書〉:第4章8-9節 "II Cor. IV, 8-9" を参照)(訳注後記 4 ).だが,真実が囚われの身でいる限り,彼らは持ちこたえて,そこに留(止)(とど)まらなければなりません.その時間は長く続くでしょうか?それは神のみがご存知です.私たちの多くは神がもっと早く介入してくださると期待していました.だが,神がお持ちの導火線はとても長いのです.それでも,神は救われるべきものある限り,間違いなく介入されるでしょう.じっと忍耐することです.
In these quite exceptional circumstances, there must be disciples of Our Lord who tell the Truth – so as to spare the stones the effort ! These disciples may not be united as they would be beneath true Authority (always allowing for human weakness). They may be “straitened and cast down”, they may suffer “tribulation and persecution” (cf. II Cor. IV, 8-9), but they must be there for as long as Truth is held in captivity. Will that be a long time ? God knows. Many of us expected Him to intervene long ago, but God has a very long fuse. However, intervene He will, if anything at all is still to be saved. Patience. 

一方で,私たちの主の弟子たちは司教の教え(=教義)と堅振(=堅信)の秘蹟と聖職者の位階に秘められた真実が最小限続くようにするため,一握りの司教たちの手助けを必要とします.同じ理由でルフェーブル大司教は1988年に四名の司教を任命されました.ヨーロッパ担当の二名,北米,南米担当の各一名です.現在,「抵抗派」にはヨーロッパ担当の二名と南米担当の一名の司教がいますが,北米担当の一名は欠員のままです.神の思召し(おぼしめし)があれば,今年5月11日に合衆国バージニア州ビエナ "Vienna" (訳注後記 1)にあるロナルド・リングローズ神父( "Fr Ronald Ringrose" )の伝統派教区でヘラルド・センデハス神父( "Fr. Gerardo Zendejas" )が司教に任命されるでしょう.全能の神がこの儀式と当日の好天に祝福を与えてくださるようお祈りしてください!
Meanwhile these disciples need a handful of bishops to ensure a minimal continuation in Truth of episcopal teaching and of the sacraments of Confirmation and Holy Orders. In 1988 the Archbishop consecrated four of them for the same reason, two for Europe, and one each for North and South America. As of now the “Resistance” has two in Europe and one in South America. There remains a gap in North America. God willing, this coming May 11 Fr. Gerardo Zendejas will be consecrated bishop in the Traditional parish of Fr Ronald Ringrose in Vienna, Virginia, USA. Please pray for the blessing of Almighty God upon the ceremony – and for good weather !

キリエ・エレイソン.

リチャード・ウィリアムソン司教



* * *

訳注 1
アメリカ・バージニア州ビエナについて:

・「ビエナ」は英語の Vienna (「ヴィエナ」または「ヴィーナ」とも読む)の日本語表記.
・欧州オーストリア(墺太利)国の首都 Wien(ドイツ〈独逸〉語)由来の都市名.
・ドイツ語読みで「ヴィーン」と呼称.
・標準日本語では,表記・呼称とも「ウィーン」となる.

訳注 2 
新約聖書・聖ルカ聖福音書:第22章31-32節 "Lk.XXII, 31-32" (下線部分.第22章1節から掲載)

『1 さて,*過ぎ越しと言われている種なしパンの祭りの日は近づいた. 
2 司祭長と律法学士たちは,イエズスを亡き者にする方法を探していた.彼らは民衆を恐れていたからである. 
3 ところが,十二人の一人だったイスカリオトと呼ばれるユダにサタンが入ったので, 
4 ユダは司祭長たちと*番兵のかしらたちのところへ行って,イエズスを渡す方法について相談した. 
5 喜んだ彼らはユダに金をやろうと約束した. 
6 ユダは承知して,群衆が知らぬ間にイエズスを渡す好いおりをうかがっていた.  
7 *過ぎ越しのいけにえを供える種なしパンの日が来た. 
8 イエズスはペトロとヨハネを遣わすにあたり,「私たちの食事のために過ぎ越しの準備をしに行け」と言われた. 
9 彼らが,「どこに準備すればよろしいでしょうか」と聞いたので, 
10 イエズスは,「市中に入ると水がめを持っている人に出会うから,その人の入る家について行き, 
11 家の主人に,〈先生が,“弟子たちとともに過ぎ越しの食事をする部屋はどこか”と申されていました〉と言え. 
12 すると,主人は席を整えた二階の大広間を見せてくれるから,そこに準備せよ」と言われた. 
13 彼らが行ってみるとイエズスの言われたとおりだったので,過ぎ越しの準備をした.
14 時刻が来たので,イエズスは使徒たちとともに食卓に」つかれた. 
15 そして,「私は苦しみの前に,あなたたちとともにこの過ぎ越しの食事をしたいと切に望んでいた. 
16 私は言う.神の国でそれが完成するまで,私はもう*これを食べない」と言われた. 
17 *そして杯(さかずき)を取り,感謝して「これを取って互いに分けよ. 
18 私は言う.神の国が来るまで,これからのち,私はもうぶどうの実の汁を飲まぬ」と言われた. 
19 またパンを取り,感謝して裂き,弟子たちに与え,「これはあなたたちのために与えられる私の体である.私の記念としてこれを行え.」と言われた. 
20 食事ののち,杯も同じようにし,「この杯は,あなたたちのために流される私の血による新しい契約訳注「=新約」)である. 
21 私を裏切る者は,私とともに手を食卓においている. 
22 人の子は定められたとおりに去る.だがそれを裏切る者は災(わざわ)いである」と言われた. 
23 そんなことをするのは,われわれの中のだれだろうかと弟子たちは尋ね合っていた.
24 また,彼らの間で,だれがいちばん偉(えら)いのだろうかという*争いが起こった.
25 イエズスはこう言われた,「異邦人の国では王がその民を支配し,またその国々で権力を振るう人々は*恩人と言われるが, 
26 あなたたちはそうであってはならぬ.あなたたちの中でいちばん偉い者は年下のようになり,支配する者は給仕する者のようにならねばならぬ. 
27 食卓につく者と給仕する者とどちらが上だろうか.食卓につく者ではないか.私はあなたたちの間で給仕する者のようである. 
28 私の試みの間あなたたちは絶えず私とともにいたのであるから, 
29 父が私のために王国を備えられたように,私もまたあなたたちのために王国を備えよう. 
30 あなたたちは私の王国の食卓で飲食し,また王座についてイスラエルの十二族をさばくであろう. 
31 …シモン(=ペトロ),シモン,サタンはあなたたちを麦のようにふるいにかけることができたが, 
32 *私はあなたのために信仰がなくならぬようにと祈った.あなたは心を取りもどし,兄弟たちの心を固めよ」. 
33 シモンは,「主よ,私はあなたとともに牢獄(ろうごく)にも死にも行く覚悟です」と言ったが, 
34 イエズスは,「ペトロよ,私はあなたに言う.今日雄鶏(おんどり)が鳴くまでに,あなたは私を知らぬと三度否む(いなむ)だろう」と言われた.』…つづく) 

(注釈)

策略(さくりゃく)22・1-6 ) 
1 ヘブライ人がエジプトを逃げたとき,パンをふくらす暇さえもなかったので,その記念として過ぎ越しの祭りの八日間,パン種のないパンを食べる習慣となった. 
4 神殿を守る士官のこと.ユダヤ人でほとんどはレビ人だった. 

最後の晩餐(さいごのばんさん)と聖体(せいたい)22・7-23 ) 
7 種なしパンの第一日は,ニサン月の十五日で,その前夜,ユダヤ人は小羊をほふって食べた.しかし,種のあるパンは,十四日の昼までになくしてしまうはずなので,この日(十四日)を種なしパンの日と呼び慣れてきたのである. 
16 イエズスはもうこの世で過ぎ越しの祭りを行うことはない.イエズスの過ぎ越しの祭りは,み国の霊的生活の中心である聖体において行われる.そして完成するのは天の国においてである. 
17 この聖体制定の記述はパウロ(コリント人への第一の書簡〈=前書〉第11章 23-25 節)によく似ている. 

弟子たちへの戒め(いましめ)22 ・24-32 ) 
24 この争いは食卓につく前のことであるが,ルカはここで時間のことを問題にしていない. 
25 エジプトのプトレマイオ家の王らは,家臣から「恩人」と呼ばれた. 
32 カトリック神学は,ペトロの後継者(=ローマ教皇)の教導権(きょうどう けん)と不可謬性(ふかびゅう せい)を証明するために,このところも挙げる. 


* * *

訳注 3 
新約聖書・聖ルカ聖福音書:第19章40節 "Lk. XIX, 40" .
『「あなたたちに告げる.もし弟子たちの安らぎが押さえつけられるなら,石たちが叫ぶだろう」と.』について:

↓フェデリコ・バルバロ神父訳「聖ルカ聖福音書」より抜粋(40節は下線部分.第22章28-48節〈最後の節〉掲載)

『28 …こう言ってから,イエズスは先頭に立ってエルサレムに上り,
29 オリーブ山と呼ばれる山の方から*ベトファゲとベタニアに近づいたとき,*二人の弟子を遣わし,
30 「向こうの村に行け.そこに入ると,一度も人の乗ったことのないろばの子がつながれているのを見るだろう.それを解いて引いてきなさい.
31 だれかが〈なぜ解くのか〉と聞いたら,〈*主に入り用だ〉と答えよ」と言われた.
32 使者たちが行ってみると言われたとおりであった.
33 彼らがろばの子を解こうとすると,その持ち主が「なぜろばの子を解くのか」と聞いたので,
34 彼らは「主に入り用だ」と答え, 
35 それを連れてきて,その上に自分たちの服をかけイエズスを乗せた.

36 彼らが通っていくと,人々は道の上に自分たちの服を敷いた.
37 オリーブ山の下り道に近づくと,喜び勇んだ多くの弟子たちは,その見たすべての奇跡について声高く神を賛美しながら言いはじめた,

38 「*賛美されよ,主のみ名によって来られる御者,主よ.
天には平和,いと高き所に栄光」.

39 群集の中のあるファリサイ人は,「先生,弟子たちを叱ってください」と言ったが,
40 イエズスは,「私は言う.彼らが黙ったとしても石が叫ぶだろう」と答えられた

41 町に近づくと,それをながめて泣かれたイエズスは,
42「ああ,エルサレム,もしこの日に平和をもたらすはずのものを,*おまえが知っていたら…….だが,不幸にも,それはおまえの目に隠されている.
43 敵がまわりに塁を築き,取り囲み,四方から迫り,
44 *おまえとその内に住む人々を地に倒し,石の上に一つの石さえ残さぬ日が来る.それは,おまえが*訪れの時を知らなかったからである」と言われた.

45 それから,神殿に入られたイエズスは,商人をそこから追い出し,
46 「〈*私の家は祈りの家である〉と書かれているのに,おまえたちはそれを盗人(ぬすびと)の巣にした」と言われた.

47 こうしてイエズスは毎日神殿で教えられた.司祭長,律法学士,民衆のかしらたちは,イエズスを殺そうとねらっていたけれども,
48 人々がみなイエズスのことばに聞き入っていたので,どうしたらよかろうかと迷っていた.』

(注釈) 

第4部 イエズスの受難と死去19・28 -23・48 ) 
エルサレムに入る19・28-48 ) 
29 ベトファゲはオリーブ山の東麗,ベタニアの隣で,エルサレムから半時間ばかりの距離にある小村である. 
* 「二人の弟子」とはペトロとヨハネらしい( 22・8 ).過ぎ越しの準備のためにもこの二人は同様な使命を受ける. 
31 イエズスは自ら「主」と言われる.まもなく,イスラエルの王,主として,人々から迎えられるであろう. 
38 詩篇118・26 .異邦人のために福音を書いたルカは「ホサンナ」のことばを省いた.弟子たちは,イエズスがエルサレムに来るのを天において平和が定められた証拠としてとり,天に栄光と歌う. 
42 「弟子たちは同様に」という意味が含まれている. 
44 はたしてエルサレムはローマ軍に包囲され,破壊されるだろう. 
* 神の恵みを受けたことを「訪れ」と言う. 
46 旧約聖書・イザヤの書: 56・7 ,エレミアの書:7・11 参照.


*   *   *
訳注の追補を続けます.

*   *   *







* * *
本投稿記事・第504回エレイソン・コメンツ「4人目の司教」(2017年3月11日付)/ELEISON COMMENTS DIV (March 11, 2017) : "FOURTH BISHOP" は2017年4月8日22時35分に掲載されました.
* * *